アニメ「真救世主伝説 北斗の拳」全5部作シリーズ(ラオウ伝 殉愛の章・激闘編、ユリア伝説、トキ伝説、ケンシロウ伝説)

真救世主伝説 北斗の拳
全5部作シリーズ

真救世主伝説 北斗の拳 五部作のプロジェクト
★漫画「北斗の拳」はケンシロウを中心に描かれてきた。
そのため他のキャラクターのエピソードが削り取られてきた。
凄絶で深い愛に彩られたエピソードたちを描ききるため
今年から五部作のプロジェクトが組まれた。

◎全5部作「真救世主伝説 北斗の拳」シリーズ
◎劇場版映画&オリジナル・ビデオ・アニメ
◎2006〜2008年の3年間の予定
★第壱部:2006年・映画「真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章」
★第弐部:2007年・OVA・北斗の拳「ユリア伝」
・2007年2月23日
★第参部:2007年・映画「真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章」
・2007年4月28日
・第四部:2007年秋・OVA・北斗の拳「トキ伝説」
・第伍部:2008年春・映画・北斗の拳「ケンシロウ伝説」
*これまでの直線的なストーリーだけではなく、
各キャラクターの視点で描いていくことにより、北斗の英雄達の「言葉」や「涙」を 立体感をもって浮かび上げようとする長期プロジェクトである。
各エピソードには、その作品を通してテーマが存在する。

◎「北斗の拳 原作者より
・武論尊・原哲夫が映像化にあたって新たに構想。
・原哲夫は「今、この先の見えない時代の中で、僕たちの希望は「子供」だ。
次の世代のために子供たちを大切に育て、良い大人へと成長していって欲しいという想いが強くある。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。